一人暮らしをしてる間の心配

一人暮らしの幕開けとなってようやくスタートしたと思っていたら、あっという間に月日がたってしまった。そこから学んだ事や、一人暮らしして初めて分かったありがたみもある。

親に電話で地元に帰って就職すると伝えたら喜んでいたようだった。なんだか少しほっとしたな。その後にはいつものように「お金は足りているか」「ちゃんと食べているのか」という言葉。最初だけかなぁと思っていたのに結局一人暮らしをしている間ずっと心配されていた。いつも大丈夫って伝えているのにね。信用が無いわけではなく、愛情からだと思うのでその言葉はありがたく受け取っておこう。帰ったらうんと親孝行したいと思う。心配してくれたぶん、思いっきりと。

一人暮らしを通して感じた孤独

今日はアルバイト最後の日。最初は慣れなくて泣きたくなることも多かったけど、慣れた今となってはすごく楽しく働けた職場だったから辞めるのがちょっと残念。でも本当にいろんなことを学ばせてもらった。中でもお客様から受け取る「ありがとう」の言葉が本当にすごく嬉しくて、その言葉の大切さに気付けたことがまた嬉しい。一人暮らしだと孤独を感じることも多いけれど、そういうときに温かい気持ちになったのを覚えている。そのことを教えてくれた職場のみなさん、お客様、本当にありがとうございました。

一人暮らしの次のステップ

ついに卒業かぁ。無事に卒業できてよかったよ、本当。ありきたりな言葉だけれど、長かったようで短かったな。楽しくて辛くて寂しくて、でもやっぱり楽しい生活も今日で終わり。友達と別れるのも寂しい。でも自分で決めた道だし、やりたい仕事が出来るのでこれからがすごく楽しみでもある。一人暮らしを始めたときと同じように、またこれが新しい人生の幕開けだね。こうやって少しずつ積み重ねて1つの人生が出来上がるんだろうな。うん、楽しかった!

Copyright 一人暮らしの費用で幕開けとなった 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します